FC2ブログ

とろりひとえろ

にんぎょうととろり、いしゅかん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぎ?

RIMG1024.jpg

RIMG1010.jpg

RIMG1017.jpg

モモ姦?
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

えっちぃのは嫌いです

RIMG0939.jpg
とても強い生物兵器娘が

RIMG0958.jpg
苦手なにゅるにゅるに捕まって

RIMG0984.jpg
どろどろの

RIMG1003.jpg
ずぶずぶにされて

RIMG1006.jpg
触手生物の精子を注がれた…

(終)

予定かも

RIMG0913.jpg
イカちゃんいじめたい

RIMG0923.jpg
イカちゃんいじめたい

RIMG0937.jpg
イカちゃんいじめたい

ToLOVEるのモモが来たらそっちやるかもしれません

アリサ 種付4

RIMG0876.jpg
今日も醜悪な化物による陵辱は続く…そして乱暴な注挿の後に濃厚な精液をぶち撒けた…
大量の射精の後、更に続くと思われた陵辱は終わりを告げた
化け物どもの管理をしている昆虫人間が鎖をかけアリサから引き剥がしたのだ

RIMG0888.jpg
これで今日の恥辱も終わる…そう思ったアリサの希望を打ち砕くように
昆虫人間がのしかかってきた…

「毎日こんなの見せられてるだけなんてまったくたまんねぇぜ…
幸いアイツも留守だからオレもご相伴に預からせてもらうぜ姉ちゃんよ!」

「あ…貴方何をする気!?」
「クッソ…あの化物のザーメンきったねぇな…まぁいい…」

昆虫人間の節くれだった生殖器がアリサの中に進入する

RIMG0895.jpg
後背位でズンズンとアリサの中を突き上げる昆虫人間
快楽を貪るためだけのピストンを繰り返す…そしてまた異形の子種が胎内で爆ぜた…

RIMG0890.jpg
「ふぅぅぅ…人間のメスはたまんねぇなァ!」
ドロドロの生殖器を引き抜き残り汁をアリサの尻にぶっかけた…

RIMG0896.jpg
さらにアリサを組み敷き更なる交尾を続けた…

RIMG0897.jpg
「どうだ姉ちゃん…俺のチンポたまんねぇだろ?」
アリサの胸に顔を埋めながら嫌らしく彼女の中を掻き回す…

RIMG0903.jpg
「オラッ!またザーメン出してやるぞ!」
抵抗するアリサを押さえつけ激しいピストンを繰り返す
そしてまたしても異種の精液がアリサの中に流し込まれた…ドクッドクン…

RIMG0904.jpg
「クソ化物どものチンポより良かったろ? アイツが帰ってくる前に俺のガキを孕ませてやるからな!」

アリサは昆虫人間の母体になるやもしれない恐怖と絶望を感じていた…

(終)

アリサ 種付3

RIMG0912.jpg

「どうだいお嬢ちゃん。順調かな?」
つい先程まで化物と激しい交尾を行っていたアリサは息も絶え絶えで虚ろな目を向けた。

「ところで君と最初に交尾させたあいつを覚えているかね?」
忘れるわけもない…彼女の乙女を奪い、汚らしく汚していったあの化物を…

「随分君を気にったらしくてなぁ…あれから別の動物の雌やら人間の女を与えても満足せんで暴れるのだよ
実験的には2度の交尾は許しておらんがもう一度相手をしてやってくれ」

繁殖室のドアが開きあの"化物"が興奮した鳴き声をあげアリサに襲いかかった…

RIMG0865.jpg

化物は荒々しい鳴き声を上げながら彼女を後ろから組み敷いた
そして既にギンギンに怒張している生殖器をアリサの秘唇にあてがった

RIMG0851.jpg

ずにゅぅぅう…化物の生殖器がアリサの中に侵入する
来る日も新たな化物と交尾を行っていたせいなのか以前よりスムーズにソレを受け入れてしまう

狂ったように激しいピストンが始まる
最初は先に彼女を犯していた化物の精液を掻き出すようにゆっくりと
それから小刻みに徐々に性器全体を出し入れするような激しいストロークで…
化物のソレが打ち付けられる度にアリサの尻肉を叩く音とグチャッ!ズプッ!と湿った音が響く

RIMG0868.jpg

更に化物のピストンが荒々しさを増す…
ベロベロと舌でアリサを舐めまわし、快楽を貪るように挿入を繰り返す

そしてまたその時がやってきた…化物は反り返り汚らしい鳴き声を上げる!

[…! 嫌・・・いやぁあ!!]

RIMG0844.jpg

アリサの胎内で化物の精液が爆ぜた…ドビュッ! ドクン! ドクッドクッ!
ソレとの二度目の精子が激しくアリサの奥を叩きつける

化物の汚らしい精液はまたも大量に射精が続き、臭う生暖かいソレがアリサの
大切な部分を満たしていった…

RIMG0869.jpg

まるで壊れた蛇口のような射精は終り溢れでた精液が結合部から太腿をつたいドロドロと流れ落ちた…
化物は一度生殖器を引き抜くと残り汁が放たれアリサのお尻を汚す

再度屈辱の強制交尾を受けたアリサは虚ろな表情のまま呻く…

そして化物が"また"更なる種付の為、襲いかかるところで昆虫人間達に引き剥がされ連れて行かれた

一人取り残されたアリサ…股間から滴る化物の精子を拭いながら涙を一つ流した…
「もう…駄目かもしれない」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。