FC2ブログ

とろりひとえろ

にんぎょうととろり、いしゅかん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリサ 種付4

RIMG0876.jpg
今日も醜悪な化物による陵辱は続く…そして乱暴な注挿の後に濃厚な精液をぶち撒けた…
大量の射精の後、更に続くと思われた陵辱は終わりを告げた
化け物どもの管理をしている昆虫人間が鎖をかけアリサから引き剥がしたのだ

RIMG0888.jpg
これで今日の恥辱も終わる…そう思ったアリサの希望を打ち砕くように
昆虫人間がのしかかってきた…

「毎日こんなの見せられてるだけなんてまったくたまんねぇぜ…
幸いアイツも留守だからオレもご相伴に預からせてもらうぜ姉ちゃんよ!」

「あ…貴方何をする気!?」
「クッソ…あの化物のザーメンきったねぇな…まぁいい…」

昆虫人間の節くれだった生殖器がアリサの中に進入する

RIMG0895.jpg
後背位でズンズンとアリサの中を突き上げる昆虫人間
快楽を貪るためだけのピストンを繰り返す…そしてまた異形の子種が胎内で爆ぜた…

RIMG0890.jpg
「ふぅぅぅ…人間のメスはたまんねぇなァ!」
ドロドロの生殖器を引き抜き残り汁をアリサの尻にぶっかけた…

RIMG0896.jpg
さらにアリサを組み敷き更なる交尾を続けた…

RIMG0897.jpg
「どうだ姉ちゃん…俺のチンポたまんねぇだろ?」
アリサの胸に顔を埋めながら嫌らしく彼女の中を掻き回す…

RIMG0903.jpg
「オラッ!またザーメン出してやるぞ!」
抵抗するアリサを押さえつけ激しいピストンを繰り返す
そしてまたしても異種の精液がアリサの中に流し込まれた…ドクッドクン…

RIMG0904.jpg
「クソ化物どものチンポより良かったろ? アイツが帰ってくる前に俺のガキを孕ませてやるからな!」

アリサは昆虫人間の母体になるやもしれない恐怖と絶望を感じていた…

(終)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://omanjyuu.blog88.fc2.com/tb.php/142-54f602e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。