FC2ブログ

とろりひとえろ

にんぎょうととろり、いしゅかん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆい いちにちめ

SANY0577.jpg
部活を終え、仲間達に別れを告げる唯。

SANY0580.jpg
帰りの夜道で急な眩暈に襲われ、がくりと膝をつく。
その意識は暗闇の中に吸い込まれていった。

SANY0582_20100226015258.jpg
再び目を覚ましたのは彼女が異界に飛ばされた後。
今わかることは荒れた風景、何故か猿轡、両手両足を縄で拘束されいる事。
そして首にはペットの様に鎖が巻かれていた…

SANY0587.jpg
混乱する唯の前に現れたのは大きな雄豚を連れたでっぷりと太った小男。

ようこそお嬢ちゃん、アナタ危険な場所で倒れていたのよ?
私ったら困った子を見捨てて置けないタチなの…

そうそう、一つ恩返しでもしてもらおうかしら?
ワタシのカワイイ化物どもが盛って言うこと聞かないのよ
お嬢ちゃんが慰めてあげて欲しいの…ふふふ、いい子ね
首をぶんぶんふって拒否する唯を尻目に勝手に子男は続ける

さぁおいで!かわいいかわいい化物ちゃん…あんまり虐めちゃだめよ!
そうして現れたのはズルズルと粘体を引きずるスライムのような化物

そいつら数いるけど群体なのよ…面白いでしょ?

唯を見つけると歓喜の表現なのか一瞬その体をブルブルを震わせ、そして彼女に襲い掛かった。

SANY0593_20100226015258.jpg
スライムは人のような形を取るとまるで人間の性交のように愛撫し、体中を這い回った。

おぞましい感触に半狂乱で暴れる唯、拘束のため逃げ出すこともできない。

そのとき一匹のスライムが足を押し開き、割り入った。
その一部からはまるで人間の男性器のような突起が蠢いている。
"それ"はタイツのシームとショーツを溶かし、彼女の秘唇に先端を押し当てた。

「!!」

猿轡、声にならない叫び。奇妙な突起は彼女の初めてを奪った。

ずるりずるり、ずんずん 触手のようなゼリーのような突起が彼女の中で暴れる。
奥をまさぐり突き上げる。
知能の有無さえも怪しい化物、本能なのか厭らしく女を犯す喜びに震えているように見える。

SANY0606.jpg

陵辱は続く…入れ替わり立ち代り唯を犯した。
いや、群体なのだから相手は代わらないのだろう。

ズンズン…ズプッズプッ 人の形をとったのは少女に羞恥を与えるためか
バックからパンパンと肉のぶつかる音を立てて犯しているのだ。

彼女のくぐもった泣き声など知覚すらしていないだろう。
本能のままに繁殖行為を行う…そしてそれは終わりを迎えた。

激しいピストンの後、群れ全体がビクンと震えた。

びゅっ…どぼっ…ごぽっごぽぽっ!

射精のように化物の卵が胎内に吐き出された!
まるで蛙の卵に似たそれが…

SANY0623_20100226015344.jpg

全ての繁殖行為を終えた化物、少女を征服した喜びなのだろうか?
彼女を囲みブルブルと波のように震えている。

そして…唯の秘唇からは化物の卵がごぽり、ごぽりと吐き出され、落ちていたった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://omanjyuu.blog88.fc2.com/tb.php/56-fd631c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。