FC2ブログ

とろりひとえろ

にんぎょうととろり、いしゅかん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みおそのにのに

SANY0792.jpg

次は蜘蛛を人型にしたような醜悪な化物が澪を襲う。
蟲の産卵管のような生殖器を捻じ込むみ彼女を犯した。

SANY0801-m.jpg

甲高い泣き声を上げ、緑色の精液が膣内に吐き出された。
ゆっくりと生殖器を引き抜くと、戻り出る白濁がどろりと零れ落ちた。

SANY0803.jpg

さらに手の無い蛙のような化物が群れを成して襲い掛かる。
一匹は長い舌で秘唇を舐め上げ、そして一匹はその形の良い胸に舌を這わせる。

SANY0818.jpg

秘唇を責め立てていた化物が足の間に割り込み、その生殖器を澪の中に埋めた。
まるでゴムのようなブヨブヨとしたそれは中で形を変え、彼女の膣内をかき回す。

また一匹は、ぬめる舌を彼女の口内に捻じ込み、強制キスを行った。

SANY0822.jpg

やがて待ちきれなくなった化物の群れは一斉に澪の秘唇に群がり、
互いを押しのけ我先にと生殖器を挿入する。
入れ替わり立ち代り、生殖器が引き抜かれまた別のソレがぶち込まれ、何度も犯された。

SANY0836-m.jpg

ずぷっ ぐっぷ ぬぷっ! 何度と無く繰り返される挿入…
そして彼女を犯していた一匹が絶頂に達した。

ごぽっ ごぽぽっ! どぶっ! 

どろりとした粘液とともに緑色の蛙卵のようなものが中にぶちまけられた。
他の化物達もそれと同時に射精し、澪の体中にそれは振りかけられたのだった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://omanjyuu.blog88.fc2.com/tb.php/64-2a1241bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。